社告

  • 社告

社告

次の連載随筆 「仏教50話」 12日から 仏教思想研究家 植木雅俊さん

2017.09.06 04:27 PM

 文化面の連載随筆は藤浩志さんに続き、12日から仏教思想研究家、植木雅俊さんの「仏教50話」が始まります。

 植木さんは1951年、長崎県島原市生まれ。九州大大学院理学研究科修士課程修了、東洋大大学院文学研究科博士後期課程中退。仏教思想を独学で研究した後、東方学院でインド哲学者・仏教学者の中村元(はじめ)氏に師事しました。著書は「仏教、本当の教え」「テーリー・ガーター」など多数。「梵漢和対照・現代語訳 法華経」は毎日出版文化賞を受賞しました。

 連載では、法華経などの仏典の原文を読み解くことで浮かび上がった仏教の本来の姿を、自身の歩みと重ね合わせながら分かりやすく紹介します。題字と挿絵は福岡市のイラストレーター、いのうえしんぢさんが担当します。ご期待ください。

 ●筆者の言葉

 物理学専攻の学生時代に、中村元・博士の著書を通して仏教思想に目覚め、物理学を学ぶ傍ら独学で仏教学を学び始めた。上京後、中村博士との出会いがあり、インド思想・仏教思想、およびサンスクリット語を学び、人文科学博士の学位を取得。サンスクリット原典から法華経と維摩経を訳した。これまで、中村先生をはじめとする多くの識者と出会い、「本来の仏教は何だったのか」を探究してきた足跡をつづってみたい。

=2017/09/06付 西日本新聞朝刊=

最新の社告一覧

ヘルプ・総合案内

採用情報

メディア案内

サービス

購読申込み

西日本新聞ネット書店

求人情報 webサクセス