西日本新聞社コーポレートサイト

製作センター見学案内

新聞印刷の現場を、見学しませんか?

西日本新聞社では、10人以上の団体を対象に新聞の印刷工場の見学を受け入れています。
小学生は70人まで、中学生以上は50人まで。お土産に刷り上がったばかりの夕刊ももらえます。
問い合わせ、予約は、電話またはメールで気軽にどうぞ。

見学行程

福岡市博多区井相田にある「西日本新聞製作センター」で、夕刊の印刷を見学します。
まず、会議室でDVDや資材を使い、西日本新聞社の歴史、「新聞ができるまで」の流れを学びます。その後、ガイドと一緒に刷版室、輪転場、発送場などを見学。会議室に戻り、刷り上がったばかりの夕刊を片手に〝印刷のヒミツ〟についての解説を受けます。

※見学エリアの輪転機が稼働していない場合もあります。その場合は、停止中の輪転機の見学になります。ご了承ください。

工程

※時間により、順序を入れ替えることがあります。

1970年代の「新聞ができるまで」視聴できます

希望者は、1977年制作の「新聞ができるまで」DVDも見ることができます。約40年前と現在の取材・印刷現場を比べてみませんか?
視聴は通常の見学終了後、20分程度です。
※申し込み時に「1970年代DVD視聴希望」と伝えてください。

見学受入日/時間/人数など

見学受入日 2020年3月31日(火)までの平日
受入休止日 土・日・祝日及びお盆、年末年始
※平日でも都合によりお受けできない日もございます。ご了承ください。
(2019年12月23日〜2020年1月5日の見学は、お休み致します)
見学時間 ①午後0時10分から
②午後1時10分から
所要時間 80分程度(1970年代DVD視聴の場合は、100分程度)
対象 小学生以上(ただし、小中学生だけでの見学はできません。必ず成人の同行が必要です)
受入人数 小学生:10〜70人の団体
中学生以上:10〜50人の団体
参加料 無料
注意事項
  • 輪転場内は、イヤーマフを着用しての見学となります。
  • 落下防止のため、当日はイヤリング、ピアスを外してご来場ください。
  • 安全上、かかとの高い靴やサンダルなどかかとを覆っていない靴での参加は、ご遠慮ください。
  • 工場内での事故等の防止のため、見学日当日、体調不良等が見受けられる場合は、ガイドの判断で見学をご遠慮していただく場合があります。ご了承ください。

見学のお申し込み

下記の見学窓口へ、電話または専用ページ(メール)からのご予約をお願いします。

受付窓口

西日本新聞社 お客さまセンター(福岡市中央区天神1-4-1)
電話:092-711-5551 (受付時間:平日 午前10時~午後5時)

専用ページからのご予約

お申し込みの際の確認事項

  • 見学ご希望の日時
  • 参加人数(大人、こども各人数)
  • お名前(団体の場合は団体名と代表者のお名前)
  • ご住所
  • 電話番号
  • 来社される際の交通機関

※申し込みは、見学希望日の1週間前までに。予約なしで来社されても見学はできません。
※下見の場合も予約をお願い致します。
※駐車場の受け付けは、10台までとさせていただきます。

<製作センター住所>
福岡市博多区井相田2丁目1-60
【車】
旧国道3号線(県道112号線)沿いの玄関入口から入場して下さい。玄関に向かって右側の黄色い枠の「来客用」スペースに駐車してください。太宰府インターから約15分。
【電車】
西鉄天神大牟田線 雑餉隈駅下車徒歩15分。
【バス】
博多バスターミナル12番乗り場から「41番雑餉隈営業所」「41番イオン大野城」行きに乗車し、約30分。「板付中学校前(埋蔵文化財センター前)」下車し、すぐ。
※1時間に2~3本です。お時間にご注意ください。

【お問合せ】

西日本新聞社 お客さまセンター 製作センター見学係
〒810-8721 福岡市中央区天神1-4-1
TEL:092-711-5551
[平日] 午前10時~午後5時 (土・日・祝日・ゴールデンウィーク・お盆・年末年始を除く)

ヘルプ・総合案内

採用情報

メディア案内

購読申込み

西日本新聞ネット書店

求人情報 ジョブズ