社告

  • 社告

社告

ウィーン美術史美術館所蔵 風景画の誕生

2016.03.17 03:54 PM

 ◇と き 4月2日(土)~6月12日(日)

 ◇ところ 石橋美術館(久留米市野中町)

 ◇内 容 ウィーン美術史美術館所蔵の絵画を通じて、西洋で「風景画」が生まれる歴史を巡る。同美術館の中心となるハプスブルク家のコレクションには、15~17世紀にかけた風景画の黎明(れいめい)期の作品が数多く、その中からパティニール、ファルケンボルフ、カナレットなどの作品を紹介する。写真はヒエロニムス・ボスの模倣者「楽園図」

 ◇入場料 一般千円(団体800円)、65歳以上700円(同500円)、大高生500円(同400円)、中学生以下無料、団体は15名以上

 ◇問い合わせ先 石橋美術館=0942(39)1131

 【共催】石橋財団石橋美術館、久留米市、テレビ西日本

=2016/03/17付 西日本新聞朝刊=

最新の社告一覧

ヘルプ・総合案内

採用情報

メディア案内

サービス

購読申込み

西日本新聞ネット書店

求人情報 webサクセス