社告

  • 社告

社告

27日から聞き書き新シリーズ 「球音 永遠に」 甲子園V2 小倉高校元エース 福嶋 一雄さん

2015.06.25 04:32 PM

 聞き書きシリーズは27日から新連載が始まります。終戦から間もない夏の甲子園大会で2連覇を達成、九州に初の優勝旗をもたらした福岡県立小倉高(旧制小倉中)のエースで、現在、日本野球連盟九州地区理事長を務める福嶋一雄さん(84)=北九州市小倉北区=の「球音 永遠(とわ)に」です。

 占領軍下で食糧も物資も満足にない時代、小倉高ナインは無我夢中で白球を追いかけ、栄光をつかみました。その活躍は、敗戦の混乱に沈む地元を熱狂させ、戦後復興の「希望」として喝采を浴びました。今、甲子園大会で選手が土を持ち帰る姿は恒例の情景ですが、福嶋さんはその最初の選手ともいわれる"伝説の球児"です。

 その後、早稲田大、八幡製鉄(現新日鉄住金八幡)でマウンドに立ち、引退後はアマチュア野球界の発展に尽力。2013年に野球殿堂入りしました。

 今年は戦後70年、高校野球の前身である旧制中学の全国大会が始まって100年の節目。焼け野原から始まった福嶋さんの激動の野球人生、そして、白球に懸けた男たちの物語を北九州本社の諸隈光俊が伝えます。

=2015/06/25付 西日本新聞朝刊=

最新の社告一覧

ヘルプ・総合案内

採用情報

メディア案内

サービス

購読申込み

西日本新聞ネット書店

求人情報 webサクセス