社告

  • 社告

社告

次の連載随筆 「アルガママニ」 作家辻仁成さん 1月6日から

2013.12.28 03:05 PM

 文化面の連載随筆は、作詞家、阿木燿子さんの「言葉のあやとり」に続き、作家、ミュージシャンの辻仁成さんによる「アルガママニ」が来年1月6日から始まります。

 辻さんは1959年東京生まれ。幼稚園から小学5年まで福岡市で育ち、中学・高校時代を北海道で過ごしました。85年にロックバンド「ECHOES」でデビュー。89年に「ピアニシモ」ですばる文学賞、97年に「海峡の光」で芥川賞、99年には「白仏」の仏語翻訳版でフェミナ賞外国小説賞を受賞しました。「冷静と情熱のあいだBlu」など著作多数。映画監督としては新作「醒めながら見る夢」が来年公開予定。フランス・パリ在住。

 連載では、パリの日常や創作の裏側、福岡への思いなどをあるがままにつづります。挿絵は福岡市のグラフィックデザイナー小山智子さんが担当します。ご期待ください。

 ●筆者の言葉

 私が円龍幼稚園に通っていたのはもはや半世紀も前のことになります。現在も母と弟は福岡在住です。九州を代表する西日本新聞に、現在暮らしているパリのことを記すというのも不思議なご縁です。渡仏から10年以上の歳月が流れました。日仏の文化の違いをまざまざと感じたこの10年でした。欧州からの便り、日々雑感、どうぞ、お楽しみください。

=2013/12/28付 西日本新聞朝刊=

最新の社告一覧

ヘルプ・総合案内

採用情報

メディア案内

サービス

購読申込み

西日本新聞ネット書店

求人情報 webサクセス