社告

  • 社告

社告

現代スペイン・リアリズムの巨匠 アントニオ・ロペス展

2013.05.28 12:00 AM

◇と き 6月29日(土)~8月25日(日) ※7月8日(月)・同22日(月)のみ休館
 
 ◇ところ 長崎県美術館(長崎市出島町)

 ◇内 容 スペイン現代美術の巨匠で77歳の今も制作意欲は衰えず、現存作家として世界中から注目を集めるアントニオ・ロペスのアジア初となる回顧展。初期作品から近作までを網羅し、油彩、素描、彫刻の各ジャンルから選んだ代表作64点を、故郷、家族、静物などロペスが追求してきたテーマに分けて展示。写真は「グラン・ビア」1974-81年 油彩・板 個人蔵 (C)VEGAP,Madrid&JASPAR,Tokyo,2013 B0147

 ◇入場料 一般1200円(前売り・団体千円)、大学生・70歳以上900円(同700円)、高校生600円(同400円)、中学生以下無料。前売り券はチケットぴあ、ローソンチケットほか主要プレイガイドで発売中

 ◇サポーター募集 一口1万円。招待券5枚の提供、オープニング式典への招待など特典あり。募集は8月23日(金)まで

 ◇問い合わせ先 長崎県美術館=095(833)2110

 【共催】長崎県、長崎県美術館、NBC長崎放送、KTNテレビ長崎、NCC長崎文化放送、NIB長崎国際テレビ【協賛】在福岡スペイン国名誉領事館、総合メディカル長崎支店、アントニオ・ロペス展サポーター

=2013/05/28付 西日本新聞朝刊=

最新の社告一覧

ヘルプ・総合案内

採用情報

メディア案内

サービス

購読申込み

西日本新聞ネット書店

求人情報 webサクセス