1958年10月17日

小淵の打球をジャッジした二出川審判【昭和33年日本シリーズ】

このエントリ>ーをはてなブックマークに追加

昭和33年日本シリーズ大波乱の第5戦(10/17・平和台)で三塁塁審をつとめた二出川・パリーグ審判部長。9回裏、小淵の一打は三塁線を抜けた。巨人長島三塁手、水原監督は「ファウル」を主張、だが同塁審は聞き入れなかった=1958(昭和33)年10月17日

記事・写真の利用案内

ニュースレター(メルマガ)

更新情報やキャンペーンなどをお知らせ。購読者特典もあります。
詳細は上のリンク「記事・写真の利用案内」でご確認ください。

テーマ別特集

フォトサービスHP

西日本新聞コンテンツショップ