西日本新聞社RECRUITMENT2018 西日本新聞社RECRUITMENT2018

内定者座談会

西日本新聞社に2017年4月に入社する記者・ビジネス・技術各部門の内定者たちに就職活動を振り返ってもらいました。

01なぜ新聞社を目指したのですか

長
子どもの頃からテレビのニュースを見るのが好きで、伝える仕事がしたいと思っていました。小学生が遮断機のない線路を通りながら通学しているという記事を書いたところ、行政などが動き、遮断機が設置されたという新聞記者の話を大学のゼミで聞き、記者の仕事っていいなと。
壇
生活保護受給世帯の子どもに勉強を教えるボランティアをしていて、教育の保障を求める現場の声があまり届いていないのではないかと感じ、現状を伝え議論を促したいと新聞記者を目指すようになりました。また、大学のゼミで教育委員会を傍聴し、中身の薄さに失望。その場に記者はいませんでした。その後、西日本新聞社のインターンシップ「記者講座」で市議会を傍聴後、引率の記者から「議員たちは、取材するみなさんを意識していつも以上に活発に意見を交わしていた」と聞き、新聞記者の存在感を感じたのも大きかったです。
江藤江藤
就職活動は、その仕事の「影響力」を重視して進めてきました。西日本新聞社の説明会で、記者の方から「読者の反応がやりがい」と聞き、新聞社の影響力を感じました。
平出平出
そもそも就職活動では業界を絞らず、いろんな企業の話を聞きました。その中に西日本新聞社があり、自分が興味を持ったことを調べて伝えるという知的好奇心を満たせる仕事だと思い、新聞社に興味を持つようになりました。
米村米村
小学生の時、子ども新聞のコンクールで受賞して新聞に興味を持ち、新聞スクラップを始めました。大学のゼミで戦後の福岡について調べるため、当時の西日本新聞を読みあさるうちに、日々の出来事を記事という形で記録し、後生の人の役にも立つ新聞記者になりたいと志すようになりました。

02西日本新聞社に入社を決めた理由は

長田長田
地域の人と濃くつながりながら仕事ができる地方紙志望でしたが、ブロック紙は県紙と全国紙の中間という立ち位置が絶妙。ほかにもブロック紙はありますが、関東出身の私から見て、記者として仕事する上で最もおもしろそうに思ったのが九州でした。
徳増徳増
やっぱり九州が好きだから。大学は関西ですが、帰省した時に西日本新聞を読むと熱くなるんです。どんな小さいニュースでも取り上げているし、コラム欄で記者が自由に思いを書いているのもいいなと思いました。
長
ちょっと笑ったり、泣いたり、温かみのある記事が多いよね。
徳増徳増
それが地域に根ざしているってことだと思う。
平峰平峰
大学サークルで軽度発達障害の方々と交流していて、ほかの県で同じような活動をしている人々と話すと、同じような悩みを抱えていることを知りました。悩みだけでなく、いろんな努力とかうれしい感動とか、そういうものが広く共有されてほしい。そう考えた時、地域にどっぷり根ざしながら、九州に広く伝えられる、いいあんばいなのが西日本新聞!

03西日本新聞社の印象は

江藤江藤
人情味。今まで接してきた社員からそう感じます。
徳増徳増
自由。開放的。
壇
アットホーム。
平出平出
みんな、自分がやりたいことを自然体でやっている。自分がやりたいという思いを受け止める受け皿がある。のびのびとやれるのかなと。
丸田丸田
「これをやりたい」と言ったら、先輩方が「やってみろよ」と背中を押してくれる雰囲気があると、内定者座談会で記者の方がおっしゃっていました。

04面接で心に残ったことは

丸田丸田
面接官がものすごく話を聞いてくれました。就職活動の中で一番素直に話せました。
森下森下
そうそう、真摯な姿勢で聞いてくれたよね。受験者を落とそうというより、良いところを見つけようという姿勢や質問だったのが強く印象に残ったよ。
平峰平峰
志望度とかではなくて、私がどういう人間なのかということについて聞いてくれたよね。
長田長田
面接は早く終わってほしいと思うものだけど、会話を引き出してくれて本当に楽しかった。こういう先輩、記者がいるんだと。ついつい話をしたくなるような記者に自分もなりたい。

05同期の印象は

長
人と話すのが好きなタイプばかり。人に関心が強い。みんな個性的でカラーが違うけど。
平出平出
こんなに(人事部注:前日は内定式があり、式終了後は人事部スタッフとの懇親会でした。その後、同期全員でさらにもう一軒のれんをくぐり、痛飲したそうです)打ち解けて盛り上がれて。個性的だけど融合できる。
森下森下
みんないろんなバックボーンがあり、こういうことをやりたいという理想、意志をもっていると感じたよ。

06就活生へのアドバイスを

長
面接では、これまでどういう経験をして、どう感じたかということを聞かれました。経験が足りないと思うならすぐに行動に移して、なにか経験して感じてほしい。
壇
社会人、新聞記者として無関心が最も良くない姿勢だと思います。社会の事象について自分なりの答えを持つことが大事だと思います。
江藤江藤
自分をつくらないというのを意識していました。ありのままの自分をぶつけて、落ちたら合わなかったんだと。自分を偽って内定をもらっても入社後にきつくなるので。だから、西日本新聞社の最終面接はうれしかった。本音でやりとりできて。
長田長田
かっこつける必要はないよね。いつもの感じで。
平出、平峰平出,平峰
自分のことを素直に自分の言葉で語ることが大事だと思います。

page top