西日本新聞社RECRUITMENT2019 西日本新聞社RECRUITMENT2019

新入社員の声

2021年4月に入社した新入社員たちに西日本新聞社の記者・社員としての目標を宣言してもらいました。

才木 希

profile

才木 希

埼玉県出身 明治大学

01学生時代に力を入れたことはなんですか?そのことを、どう自己PRに生かしましたか?

 学生時代には、課外活動に力を入れました。

 一つ目は、不登校の中学生の支援活動です。担当した生徒の生活習慣の改善の手伝いをしたり、高校受験のために勉強を教えたりしました。彼らと接することで、教育問題に触れました。

 二つ目は、長野県のある地域の地域おこし活動です。そこに長期間滞在して、その土地を見て回り、住民と話すなどして、その地域の良さを発見しました。そしてその良さを売り込むための新商品を提案したりしました。この活動では、過疎などの地方の問題について触れました。

 三つめは、吃音症という発声障害の自助団体の活動に参加したことです。私自身、吃音症を抱えており、小さなころは悩まされていました。今では克服しましたが、現在進行形で悩まされている人の話を聞きたいと思い、参加しました。

 これらが総じて共通していることは、「現場を見る」ことです。記者は現場に足を運ぶことが重要であると考えていた就活生時代の私は、行動力をアピールしました。

02あなたと「西日本新聞」との出合いは?

 埼玉生まれ埼玉育ちの私が、「西日本新聞」の存在を知ったのは、就職活動を始めてからです。新聞の業界研究を進める中で、その存在を知りました。

 「西日本新聞社」への就職を本格的に意識しだしたのは、大学院1年の秋頃です。吃音症自助団体の活動に参加している中で、西日本新聞で「吃音リアル」の連載が行われていることを知りました。新聞記者を志望するきっかけの一つに、「吃音症について世の中に知ってもらいたい」というものがある私にとって、この連載は印象的でした。紙面に載ることで、読者へ障がいについて伝えることができるだけでなく、障がい者にも、希望を与えることができる。「西日本新聞」でなら、それができるかもしれない、と思いました。

 ただ、それでも不安はありました。「九州に縁もゆかりもない私が西日本新聞社でやっていけるのか」。ですが最終面接を前にそれまでの面接を踏まえて「社風に合いそう」とフィードバックを受け、その不安も吹き飛びました。内々定の電話を頂いた時には二つ返事で承諾しました。

03私の「with○○!!」
(コロナ禍の就職活動を乗り切ったメンバーが入社するにあたっての決意表明です。)

 はじめは誰もが初心者です。初心者のうちは上手くいかないことも多いですが、やることなすこと全てが刺激となり、成長のきっかけとなります。一方経験を積むことによって作業効率は上がりますが、仮に刺激に対して鈍くなっていけば成長の可能性そのものを手放すことにもなりかねません。

 私は「新聞記者初心者」のみならず、「九州初心者」でもあります。絶えず「初心者精神」を持ち続け、謙虚さを忘れず、記者の先輩方・九州の先輩方からの刺激を受け続け、自分の成長につなげたいです。

休日の過ごし方

 最近はコロナ禍ということもあり、家でお笑いを見ています。好きなお笑い芸人は、「東京03」「アンタッチャブル」です。テレビ番組のうち「アメトーーク!」、「ロンドンハーツ」、「ゴッドタン」は必ず見ています。特に就活中は、辛いことがあったら、焼酎片手にネタや番組を見てたくさん笑い、笑い疲れて酩酊状態のまま寝ていました。

 さらにお笑い芸人の話し方、すなわち話の導入、構成、抑揚のつけ方などはとても上手です。面接時の話し方の参考にもなりました。

私の一枚

 神社仏閣が好きで、よく行きます。御朱印を集めていて、旅先でお参りしたところでもらうようにしています。現在、御朱印帳3冊目です。

 また日常でも、月の初めに明治神宮(東京都)・湯島天神(同)・氷川神社(埼玉県)のいずれかに参拝し、日常への感謝、今月の抱負を神前で語ります。その後境内の芝生に寝転んだり、ベンチに座って本を読んだり、ひたすらボーっとしたりします。これが良い気分転換となり、悩みや疲れが吹き飛びます。九州に移り住んでからも、お気に入りの神社仏閣を見つけて入り浸りたいです。
(写真は明治神宮。2015年6月撮影)

面接した社員から一言

 「古代の火災」を研究していることにまつわる話が、抜群におもしろく感じました。バランス感覚もあり、一生懸命考えながら言葉を出しています。じっくり取材するいい記者になる可能性があり、私自身も「もっと話したい」と思いました。「研究職を目指さないのか」という質問に「どうしてもコアになってしまって人に伝わらない」と話していました。社風になじむ、興味深くおもしろい人材だと思います。

page top