西日本新聞社RECRUITMENT2019 西日本新聞社RECRUITMENT2019

新入社員の声

2021年4月に入社した新入社員たちに西日本新聞社の記者・社員としての目標を宣言してもらいました。

小笠原 麻結

profile

小笠原 麻結

徳島県出身 福岡大学

01学生時代に力を入れたことはなんですか?そのことを、どう自己PRに生かしましたか?

 走り高跳びの選手として活躍することを夢見て徳島から福岡の大学に進学しました。けがにより挫折を繰り返し、夜通し泣いた日もありました。上手くいかない時間がほとんどで、私は何を頑張っているのだろう?と思うことが何度もありました。しかし、振り返ってみれば、自分自身の弱い部分と向き合い、自分をよく知ることができた学生生活であったと思います。苦しい時間を味わった分、人の痛みを理解できる人になりたいと思えるようになりました。今思えばそれはそれで私の強みになったのではないかと思っています。

 競技を引退してからは、災害ボランティア、子ども食堂の手伝い、海外インターンシップや学部祭の実行委員など、とにかく色々な経験をして知見や価値観を広げよう、ということを意識して日々を過ごしました。大学では性的マイノリティや教育に関すること、それから、スポーツビジネスについて積極的に学びました。様々なことに目を向けてみるとあちこちに喫緊の課題が転がっていることに気がつきました。声をあげたくてもあげられない人に寄り添い、新聞を通してその声を伝えていきたいと思うようになりました。

02あなたと「西日本新聞」との出合いは?

 大学で「スポーツメディア論」という講義を受講したことが転機になりました。西日本新聞社の現役デスクである向吉三郎さんが講師として来てくださり「新聞を通して、これからのスポーツのあり方を考えるきっかけにしてもらいたい」という話をされていたことが印象的でした。一人の力ではどうすることもできないような問題も、新聞記事で取り上げることで、多くの人がその問題について考えるきっかけを作ることができる。そういった新聞の存在価値に気づきました。

 2月のインターンシップに参加して社内の雰囲気を味わい、西日本新聞社の記者を目指すことを決めました。人と話すことや文章を書くことが好きで、長所を生かせる仕事をしたいと思っていたので「これしかないな」と直感で思いました。

 コロナ禍の影響で全てオンライン上での面接でした。家の中でスーツを着て、話しているのは違和感がありましたが、質疑応答というよりも会話をするような話しやすい雰囲気を作ってくださったことで緊張はほぐれていきました。最初の面接では大学名と出身地を面接官には伏せた状態で面接をしてくださったことが印象に残っています。学歴や出身地でなく、「私」という人間が何を考えて生きてきたのかを見てくださったことが嬉しかったです。

03私の「with○○!!」
(コロナ禍の就職活動を乗り切ったメンバーが入社するにあたっての決意表明です。)

 「かんまんで」は私の地元、徳島県の方言である阿波弁で「構わないよ」「それほど問題ではないよ」という意味があります。

 どんなときも「かんまんで」と言えるような寛大な心を持って周囲の人に接していきたいと思っています。他にも、少しくらい休んでも「かんまんで」、それくらいのミスなら反省して同じことせんように気いつければ「かんまんで」。便利な言葉ですね。考えすぎて、酷く落ち込むことが多々あるので、そういう私自身に「もう少し楽観的に」といった意味も込めて選びました。

休日の過ごし方

 基本、朝はゆっくり起きます。朝というよりも昼に近いですね。(「朝ごはんを食べる時間があるならその分寝ときたい」タイプです。不健康ですね苦笑)スマホでアプリを開き、昼食を注文。待っている間に新聞を読みます。午後は散らかった部屋に背を向け、温泉に行きます。露天風呂で長く浸かった後、火照った体に冷たいコーヒー牛乳を流し込みます。くう〜!あんなに嫌だったことも、こんなに苦しいことも、徐々に冷めていく頭の中から湯気とともに消えてしまいます。最高の1日ですね。帰宅し、散らかった部屋を前に数秒立ち尽くすのですが、そのままベッドに飛び込むのでした。

私の一枚

 小さくて見えにくいですが、バンジージャンプ初体験の私です。大学3年の夏、帰省したタイミングで地元の友人たちと奈良県まで足を伸ばしてみました。スリル満点で爽快な気分でした!!ちょっぴり怖い経験ほど、ワクワクが高まるもので。高校時代にたった一人で見ず知らずの米国に渡ってみたときもそうでした。仕事にも大胆不敵な姿勢で取り組み、活躍していきたいです。

面接した社員から一言

 話していて気持ち良かったです。「高邁な理想」を掲げるというわけでもない。自分が取材された経験などを素直に語ったところなど、地に足がついている印象で、聞いている側にすっと響きました。苦手な分野についても「これから勉強して、入るまでにはちゃんとできる自信がある」と言い切る点に好感を抱きました。

page top