西日本新聞社RECRUITMENT2019 西日本新聞社RECRUITMENT2019

新入社員の声

2021年4月に入社した新入社員たちに西日本新聞社の記者・社員としての目標を宣言してもらいました。

中西 是登

profile

中西 是登

福岡県出身 大阪大学

01学生時代に力を入れたことはなんですか?そのことを、どう自己PRに生かしましたか?

 私はゼミでのインタビュー経験をPRしました。オーラルヒストリーという現代史の手法で、これまで在日外国人や夜間中学の生徒の方にインタビューをしてきました。卒論でも、半世紀に渡って千里ニュータウン(大阪府)で生きてこられた方のお話を聞いています。

 ただ、面接でもお伝えしましたが、この経験がそのまま業務に活かせるとは考えていません。ジャーナリズムの現場で求められるインタビュー技術のレベルには達していないと思うし、また方法論的にも異なる部分が多いからです。私が面接で強調したのは、この経験から学んだ「姿勢」についてです。有り体に言えば「人の話をちゃんと聞く」ということです。当たり前すぎることですが、私は一番大事なことだと思っています。目の前で話してくれる人を単なる情報源ではなく人間として尊重する、活字として世に出す責任を持つ、そして何よりもその人のことを知りたいと思うことが、聞き手に求められる姿勢ではないでしょうか。またこれは記者だけでなくどのような職業や立場でも大事なことだと考えています。

 加えて、現場を歩くことも大事にしています。現場には頭で考える以上のリアルが存在することを、聞き取り調査やボランティアを通じて実感してきたからです。

02あなたと「西日本新聞」との出合いは?

 西日本新聞社を就職先として意識した直接のきっかけは、2020年2月の「クローズアップ現代+」(NHK)です。ブロック紙ゆえの危機意識に真剣に向き合い、ブロック紙だからできることに本気で取り組んでいることを知り、ここでジャーナリズムをやりたいと思いました。

 ただ、出合いそのものは、ずっと昔にさかのぼります。高校まで福岡県内在住だったので、西日本新聞はとても身近な存在です。小学生の頃、当時通っていた剣道の道場に「西スポ」の取材が来たことを覚えています。私だけではなく、祖父母宅でも購読をしています。亡くなった祖父は生前、福岡県庁に勤務しており、若い頃から「福岡のことを知るなら西日本新聞でなければ」と目を通し続けていたそうです。福岡の人に求められ続けてきたことを改めて感じました。

 福岡の人は、購読者でなくとも人生のどこかで西日本新聞と関わっているかもしれません。もちろん、3世代4世代にわたって購読していただいている方もいます。その信頼と伝統を築いてきた先達に恥じぬよう、また私自身も未来に引き継げるように、1日でも早く記者としてひとり立ちしたいと思います。

03私の「with○○!!」
(コロナ禍の就職活動を乗り切ったメンバーが入社するにあたっての決意表明です。)

 燃えさかる炎に近づけば熱く、離れれば熱は感じにくくなります。現場で人間が動く「熱」をありのままに伝えることができるのが、「熱源」に近いローカルジャーナリズムだと思います。そう意識したのは、「ブラック・ライブズ・マター(BLM=黒人の命も大事だ)」運動に関する米国と日本の報道の違いでした。米メディアが伝えていたものは、情報以上に、現場で動く人間の言語化し難い「熱」だったと思います。

 では、私が伝えたい「熱」とは何か?と考えた時、それは最も馴染み深い福岡のことでした。喜ばしいことや頑張っている人のことはもちろん、解決すべき課題も含め、この街で生きている人のあらゆる「熱」を伝え、皆様と一緒に考えていきたいです。

休日の過ごし方

 気になる場所をあてもなく訪れることが多いです。たとえば、家の近くを流れている川の源流がどこにあるんだろうとふと気になり、スーパーカブで川沿いをさかのぼりました。住宅地付近では護岸整備をされていたが、だんだんと農業用水路になってきて、曼珠沙華の咲いているあぜ道を抜けると大きな貯水池へ。しかしよく見ると、そこにも水が流れ込んでいます。さらにその水の上流を探すと、山あいのダムにたどり着きました。日常風景から足を伸ばすと、たくさんの「発見」があり、その「発見」の積み重ねが私の喜びです。

私の一枚

 「糸島・バイク・SNS映え」。私の好きなものが詰まった一枚です。どれも語ればこの枠に収まらなくなりますが、沢山の「映えスポット」がある糸島の魅力を入社後もバイクで走りながら発見したいと思います。もちろん安全運転で!

 この写真は強風で底冷えする2月に二見ヶ浦を訪れた際、見ず知らずの方に撮っていただいたものです。この場を借りて御礼申し上げます。糸島には四季折々の風情がありますが、冬が最も五感で自然を感じられるのではないでしょうか。カキ小屋をはじめ、海風で冷えた体に沁みるコーヒーなど冬ならでは良さがあります。福岡に来られた際は是非!

面接した社員から一言

 経験と、ジャーナリズムに関する意識のバランスがよかったです。 深いところまで考えていて、それが経験に裏付けされているようでした。 大学時代に取り組んできたことの一つである「インタビュー」の大切な点を問うと「相手の立場になって考えること、文章も含めてフェアであること」と答えていました。入社後はさらに経験を積んで、いい記者になるのではないかと期待しています。

page top