西日本新聞社RECRUITMENT2019 西日本新聞社RECRUITMENT2019

新入社員の声

2021年4月に入社した新入社員たちに西日本新聞社の記者・社員としての目標を宣言してもらいました。

飯村 海遊

profile

飯村 海遊

熊本県出身 西南学院大学

01学生時代に力を入れたことはなんですか?そのことを、どう自己PRに生かしましたか?

 私は学生生活の中で、直接会って、話を聞くことを大切にしてきました。また、心が動かされた言葉や経験をノートにため込んできました。

 例えば、大学の読書教養講座を通じて出会った作家の高村薫さんは、社会との向き合い方を「違和感を曖昧にせず受け止め、時代を見る目の原点を養うこと」と教えてくれました。また、歌人の松村由利子さんからは「土地やそこに住む人々を愛すること」を教わり、人や物事への寄り添い方を学びました。文章で世と向き合ってきた人の知識や言葉は、世の中に疑問を呈していく上で糧になると思います。

 また、尊敬するフォトグラファーに誘われて、大学3年の夏前に訪れた北九州の朝鮮学校での様々な人たちとの出会いからも、大きな影響を受けました。そこで、初めて在日朝鮮人の歴史や文化、アイデンティティーの話を聞き、何も知らなかったことを思い知らされました。朝鮮学校が高校無償化の対象から外れていることについての議論の現状も知りました。この出会いは記者になって伝えたいという思いを強くしてくれました。

 私は、自己分析が苦手でした。しかし、就活を振り返ると「どういう言葉や経験に心が動き、記者になりたいと思ったか」を話し、自分を表現していたと思います。

02あなたと「西日本新聞」との出合いは?

 私と「西日本新聞」の出会いは、「記者」との出会いです。

 大学3年の冬、天神の書店「本のあるところajiro」のトークイベントでの出会いをきっかけに、友人と「大学生の読書」をテーマに、取材を受けることになりました。自分の話したことが、まとめられた記事を見て、こそばゆくも嬉しく感じたのを覚えています。その後も、ツアーで炭鉱の歴史を学びに、田川を訪れた時に記者と出会い、九州の歴史に対する知識や熱い思いに、憧れを抱くようになりました。

 就活を始めた当初、新聞記者になるという目標はありましたが、どこで記者をしたいのかは定まっていませんでした。そのような時に、西日本新聞のインターンシップに参加し「あなたの特命取材班」の取材を経験しました。そこで「物事に白黒つけるのではなく、グレーをグレーのままで伝えることが大切」と伺い、その理念に惚れました。また何よりも、懇親会での記者さんとの会話が楽しくて、西日本新聞で働きたいという思いが強くなりました。

 内定式で「西日本新聞の魅力は素敵な先輩がいること」と伺いました。この話を聞いて西日本新聞は「人」を大切にする新聞社であると感じ、また九州に深く根ざした記者になれることに魅力を感じています。

03私の「with○○!!」
(コロナ禍の就職活動を乗り切ったメンバーが入社するにあたっての決意表明です。)

 目が届く所への「好奇心」を、大事にしたいです。それは、身近なことほど見落としがちだと、コロナ禍で気づかされたからです。

 遠出が出来なくなり、家や大学の周りを散策するようになりました。すると、家の近くに、高取焼の素敵な窯元があることを発見したり、大学のすぐ横は旧福岡刑務所の跡地で、詩人の尹東柱(1917~45)が亡くなった地であったことを聞いたりしました。

 何気なく、生活していると、見落としてしまうことが多くあります。私自身、一つのことに熱中すると視野が狭くなりがちです。目の前の大切なことを取りこぼさないよう、常に「好奇心」を持ち、九州の地で語り継ぐべき歴史や、文化、声と真摯に向き合っていきたいです。

休日の過ごし方

 私の休日は前日の夜から始まります。部屋を真っ暗にして、お菓子とお酒を準備。セルフ映画館の完成です。翌朝の起きる時間を気にしなくていいという開放感で、どっぷり映画にはまれます。大抵、4時間もののギャング映画や韓国ドラマを寝落ちするまで見ています。

 翌日は昼過ぎに起床。お気に入りのコーヒーをいれ、再び趣味に没頭。溜まったWeb漫画や本を読んでいるうちに、1日はあっという間に終わってしまいます。「今日は1日、何もしなかったなぁ」という少しの後悔とすがすがしさで、明日からまた頑張ろうとリフレッシュできます。

私の一枚

 この写真は、糸島の桜井二見ヶ浦近辺で撮った、夕方の海です。名前が「海遊」だからか、とにかく海が好きです。海は入っても楽しいし、眺めているだけでも心が癒されます。これからも、時間がある時は、海に行って心を浄化したいと思います。

面接した社員から一言

 参加してくれたインターンシップの感想を尋ねたところ、「あな特」取材の経験から「白黒つかない、グレーなことはグレーなまま伝えることの意味を知った」と話しており、印象的でした。問題意識は高いし、行動力もありそう。とはいえ、頭でっかちではなく 、取材対象の懐に入っていけそうなやわらかさ、親しみやすさを感じました。

page top