西日本新聞社RECRUITMENT2019 西日本新聞社RECRUITMENT2019

新入社員の声

2021年4月に入社した新入社員たちに西日本新聞社の記者・社員としての目標を宣言してもらいました。

東 謙太

profile

東 謙太

福岡県出身 関西学院大学

01学生時代に力を入れたことはなんですか?そのことを、どう自己PRに生かしましたか?

 私が学生時代に力を入れたことは、体育会ラグビー部として部活動に励んだことです。最後の年はラグビー部の主務に就き、非常にいい経験ができました。新型コロナウイルスの影響により、例年行える事が行えず、難しい年になりました。春季リーグ戦は開催されず、夏も例年と違って合宿ができませんでした。しかし、「コロナのせいだから仕方がない」と投げやりになることはなく、今出来ることを必死に考え行動しました。何か特別なことをしたかと言われるとしていないかもしれません。常にラグビー部のことを考え、行動していたので、そこから自己PRに繋がるものを見つけました。それは「自分がやるべきことに対して、常に自分なりの付加価値をつけていくこと」を心がける姿勢でした。

 自己PRは、自分のことをアピールできればいいと思うので、自分の頑張ってきたことをありのまま伝えることが大切だと思います。話を盛りたくなる気持ちはわかりますが、自分のやってきたことに自信を持って伝えれば大丈夫だと思います!!

02あなたと「西日本新聞」との出合いは?

 西日本新聞との出会いは、父が新聞記者ということもあり、生まれた時にさかのぼります(笑)。本格的に西日本新聞を意識し始めたのは、マスコミ業界で働きたいと思いはじめ、就職先として意識した大学3年の春ごろだったと思います。世間に対して情報を扱う会社の一員になりたいと思うようになり就職活動をしていました。(情報を扱う以外にも様々なことをやられていますが…)その中で内定を頂いたのが、西日本新聞だったので入社を決めました。

 社員の方とコミュニケーションを取る中で、人のあたたかさというものを感じることができました。各部署でお仕事されていることに対し誇りを持っている姿を垣間見たこともあって、西日本新聞の一員になれて良かったと思っています。

03私の「with○○!!」
(コロナ禍の就職活動を乗り切ったメンバーが入社するにあたっての決意表明です。)

 私のwithは「with 愛」です。新聞業界は変革期真っ只中だと思います。情報の伝え方、取り組みはより新しいものに変わっていくと思いますが、西日本新聞が地域から愛される会社という部分は変わってはならないと思います。変革期の今だからこそ、より西日本新聞を愛してもらえるように総合ビジネス部門の一員として精進していきます。そして自分自身が愛される人材になることで、西日本新聞のことを愛してくれる人が増えると思うので、そう思ってくれる人をどんどん増やしていき、より良い西日本新聞をつくりあげていきます。

休日の過ごし方

 私の休日の過ごし方は、友達と居酒屋に行ったりカフェに行ったり食べてばかりの休日を過ごしています。美味しいもの食べるためにリサーチは欠かせません。就職活動が終わってからハマったのは、海鮮系の居酒屋です。あるお気に入りのお店と出会ったことで、この分野をもっと開拓したいと思うようになりました。同時に、飲みやすいし翌日にも残りにくく感じる麦焼酎にもハマりつつあります。美味しいものを食べて、飲んで、また次の日から頑張ろうと気持ちを入れ替えています。

私の一枚

 最終学年で初めての公式戦がようやく秋に迎えられたときの写真です。左側が私で、右側が小樋山監督です。試合前に「やっとここまで来られたな」と言ってもらい、握手を交わした瞬間、新型コロナウイルスの感染拡大からの道のりを思い出し、思わず目が潤みました。試合中は、主務という立場から、選手交代を審判団に告げる役目などを担っていました。幼少期からラグビーを始めて、大学ではスタッフとしてチームを支えました。きついことの方が多かったですが、同期や今まで出会った仲間のおかげで10数年間も続けることができました。本当に感謝の気持ちで一杯です。

面接した社員から一言

 明るく人懐っこいように感じます。高校時代に下宿していた大分では、近所の人におかずをもらった話などを聞かせてくれて、「人に好かれそうだな」と印象に残りました。自分が先頭に立つことはもちろんですが、ラグビー部での主務の経験なども含め、サポートをするような業務もできそうだと感じました。

page top