西日本政経懇話会

大牟田553回「5Gはビジネス機会生む」企のクロサカ氏が講演

西日本政経懇話会8月例会「大牟田」が18日、大牟田市のホテルニューガイアであり、通信事業者向けコンサルティングをIP200818JAA000279000_01.jpg手掛ける企業「企(くわだて)」(東京)の代表取締役クロサカタツヤ氏=写真=が「第5世代の移動通信システム(5G)でビジネスと社会はどう変わるのか」と題して講演した。要旨は次の通り。
 5Gは、高速大容量通信が可能で、同時接続できる端末も飛躍的に増える。商店や工場、病院内に5Gの小型基地局を置き、センサーで人の動きをデジタル処理すれば、きめ細かいサービス提供につながる。
 海外の最新の活用事例を見ていくと、5Gは確実に世界に広がりつつある。通信事業者任せでなく、みんなが活用し信頼感を増すことで、新たなビジネス機会が生まれ、便利な社会を実現するインフラにもなり得る。 (立山和久)

2020年(令和2年)08月19日(水)

これまでの記事一覧