アイ&カルチャ天神

財津和夫 作詞講座「言葉が歌になる時」 ほか

2019年6月06日掲載

【財津和夫 作詞講座「言葉が歌になる時」】
 福岡出身のシンガーソングライター財津和夫さんが、自身の経験を踏まえ「詩」について多角的な分析を行う講座。第1期募集です。作詞の世界をのぞいてみたい方、作詞家を目指す方など、誰でも受講可。期末には作詞コンテストを開催▼7月26日(金)、29日(月)、9月7日(土)、30日(月)、10月1日(火)。1限午後2時~3時、2限午後3時20分~4時20分(9月7日のみ1、2限とも1時間前倒し)。受講料5日間(全10限)計5万円前納。会場は西鉄グランドホテル(1万円のレストラン利用券付き)。
 
【シネカル天神「おクジラさま ふたつの正義の物語」】
 和歌山県太地町が国際紛争の舞台となった時から、物語はスタート。「捕鯨でも反捕鯨でもない、どっちつかずのいい映画だ。イルカ漁を巡って太地の港を右往左往する人間たちのコメディ。『クジラやイルカが絶滅寸前だと議論をしているが、こんな小さな町こそ絶滅危機にある』という米国人ジャーナリストの言葉が光る」(ビートたけし)▼16日(日)午後1時からと28日(金)午後3時半から。観賞料1200円。3枚チケット3000円。要予約。