アイ&カルチャ久留米

久留米文化講座・夢を楽しむ・古里を知る・棒に当たる戌年 ほか

2018年1月26日掲載

 ☆久留米文化講座
【夢を楽しむ・古里を知る・棒に当たる戌年】
 東京日本橋に日本初の「百貨店三越」を開店させたのは、久留米藩のサムライ商人日比翁助(ひびおうすけ)でした。彼は犬よりライオンが大好きで、次男坊に「雷音(らいおん)」という名を付けたほど。本店改築の際、入り口にシンボルとしてライオン像2頭を置きました。古里の歴史や先人たちの活躍を知ることによって、古里の素晴らしさを感じてみませんか▼2月8日(木)午後1時、受講料1620円。講師は西日本新聞元記者の川上弘文さん。
 
 ☆常設講座
【写経・写仏と法話】
 臨済宗連合各派布教師の講師が初心者向けに禅の思想を伝えします。写経と写仏を通して心を整え、集中力や忍耐力を養いましょう▼第2月曜午後1時半、月額受講料2592円、教材費実費で月約300円。講師は臨済宗円通寺住職の吉富宜健さん。